ミドリムシでディーゼルエンジンが動く!バイオディーゼルについて

ミドリムシはサプリメントだけじゃなく、バイオ燃料としての利用も期待されています。

 

その中の取組みの1つが、トラックで有名ないすゞと提携したバイオ燃料でディーゼルエンジンを動かして、バスを走らせるという事です。

 


ミドリムシバスは神奈川県で走っている

 

「ミドリムシでバス」が走る。

 

そんな馬鹿なと思われるかもしれませんが、これは今現在現実に起きている事なんです。

 

現在神奈川県藤沢市でいすゞ藤沢工場と湘南台駅を往復してるバスのうち一台は、ミドリムシから出来たバイオディーゼル燃料「DeuSEL」で走っているんです。

 

ミドリムシでディーゼルエンジンが動かせるほどのオクタン価をもった燃料が作られる事はもうすでに実証済みというわけです。

 

あとは、2018年に稼働予定の大規模なミドリムシ培養設備が整えば本格的に大量生産が始まるのでもう実用化は目と鼻の先です。

 

こちらが実際にバスが走っている映像です。

 

 

いすゞの公式HP

 

特殊な改造が施されたバスなのか

 

ミドリムシのバイオ燃料で動いているとい聞くと、従来のディーゼルエンジンとは違った特殊なエンジンを使っているのかと思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

バイオ燃料を使ってい走っているバスは普通のバスと同じまったく普通のディーゼルエンジンです、ラッピングこそ施されていますが、そのエンジンなどの動力部はこれまでの軽油で動くディーゼル車とまったく同じものです。

 

という事は、特別に機械を変える必要がなく、従来のディーゼルエンジンで使用できるため確立されれば、あっという間に拡散して利用されるようになるでしょう。

 

100%がミドリムシ由来のバイオ燃料というわけではない。

 

100%ミドリムシ燃料で動いているというわけではなく、現在は従来の軽油に1%だけミドリムシバイオ燃料が混ぜられているような形になっています。

 

たった1%かと思われるかもしれませんが、日本が年間に使用するディーゼル燃料である軽油の量はおよそ4000万キロリットルでリットル換算すると年間400億リットル使用しています。

 

この1%をミドリムシ由来のバイオディーゼル燃料が代替する事ができれば、4億リットルをバイオ燃料代替する事ができるんです

 

軽油価格がおよそ税金含めて90円前後だとすると、

 

4億×90円=360億円もの事業規模になります。

 

もちろん、バイオディーゼル燃料の性能が高まれば、より多い比率をカバーできるようになるでしょう。

 

そうすれば、事業規模はもっともっと大きくなります。

 

ミドリムシサプリメントの事業規模に燃料が加われば潟ーグレナはさらに大きい会社になることは間違いないでしょう。

 

 

DueSELは日本から始まるまったく新しいエネルギー

 

ミドリムシは日本のユーグレナ社でのみ培養することができています。

 

ということは、バイオディーゼル燃料であるDeuSELを生産できるのは日本だけなんです。

 

もし、燃料として普及させることができれば、日常生活にあっという間に浸透するでしょう。

 

DueSELはまさに日本から始める新しい時代のエネルギー・新しい時代のディーゼル燃料です。

 

日本のミドリムシ培養プラントが油田のようにディーゼル燃料が湧き出る場所となるのもそう遠くないかもしれません。

 

 

カテゴリ一覧

ユーグレナサプリメント商品別詳細

潟ーグレナ社

 

ユーグレナサプリメント別の詳細情報が

知りたいならココをクリック!

ユーグレナを生産している潟ーグレナ社の事が

知りたいならココをクリック!

ミドリムシサプリメントの役立つ知識

 

ミドリムシ(ユーグレナ)

ミドリムシサプリメントのことをもっと

知るならココをクリック!

ミドリムシの生態や特徴が

知りたいならココをクリック!

ミドリムシで予防しよう

色々なユーグレナランキング

ミドリムシで予防できる事が

知りたいならココをクリック!

色々な観点からのランキングが

見たいならココをクリック!


TOPページ 口コミ ミドリムシの基礎知識 どんな効果がある? ランキング