宇宙食として開発されていたミドリムシは災害にも役立つ?!

宇宙食として開発されていたミドリムシ

 

宇宙食,ミドリムシ宇宙食,ミドリムシ

 

ミドリムシは1970年代にはアメリカNASAで宇宙食として研究されていました。ミドリムシの水と光だけで生育できるという性質と、栄養の豊富さ宇宙食にぴったりだったからです。
宇宙食としての研究は結局、ミドリムシの大量培養に失敗したため実現しませんでした。
ですが2005年に日本の東京大学およびミドリムシ社が大量培養に成功して以来、ミドリムシの利用は現実になりました。
宇宙食としてミドリムシが活躍する日もそう遠くはないです。

 

 

宇宙食として有効なミドリムシを私たちの生活に活用するには

 

宇宙食として、相当に優秀な能力を持つミドリムシですが宇宙食は私たちの生活にあまり関係がないですよね?
ですが、宇宙食として使えるほどの栄養を日々の健康の為にサプリとして活用する事ができます。
さらに、保存性・水だけで飲める手軽さ・栄養の豊富さに特徴のあるミドリムシを災害時に役立てる事をオススメします。

 

ミドリムシってどんな微生物?

 

ミドリムシのメリットは?5つの特徴を解説!

 

 

いつどこで起こるかわからない大地震

 

東日本大震災、熊本地震・・・・・大きな地震がここ数年続いています。そして、いずれ必ず起きるといわれている南海トラフ地震。鳥取県倉吉市を襲った震度6の地震は活断層の無い場所で起きました。今や全国どこにいてもいつ地震が起き被災するかわからない状況になってきています。ですが、近年は科学技術が進歩し地震の予測も少なからず出来るようになってきました。ですが、その的中率は未だ低く地震が起きるのを事前に予測し被災に備えるという事は非常に難しいのが現実です。災害への備えは日ご−−ろから、今この瞬間にでもしておかなければいけないものなんです。あなたが、地震にあうのは1秒先かもしれません。

 

 

地震災害時に備えておきたいもの

 

 

災害が起きた時に備えておきたいものは以下の通りです。袋にまとめて入れておいて玄関などに置いておくといいでしょう。

 

・充電機能付手回し充電ラジオ付ライト

 

従来のラジオ付ライトは電池が無ければ動きませんでした。いざ、被災した時に電池が手に入るかどうかも分かりませんし、入れておいた電池が使えるかどうかもわかりません。手回し充電によって電気を発生させる事ができその電力を辺りを照らすライトにしたり、情報収集の為のラジオとして使ったり、最近のものでは携帯電話を充電する機能がついたものもあります。携帯電話は連絡手段としてだけではなく、GPSで地図を表示したり、ライト代わりになったりと災害時でも役に立ちます。手回し充電ライトは災害時にかなり役に立ちます。これまでの大地震を見ても被災した際はほぼ100%停電になるので、電力供給の手段が無くても使える電子機器を備えておくと役に立ちます。

 

・電池式のハンディライト

 

手回し充電式のライトだけだと、移動中や避難先での使用には向いていません。なので、普通の電池式のライトをひとつ備えておきましょう。電池は汎用性の高い単三電池を使用されているものにしましょう。また、電池切れの可能性を考えて予備の電池を5本ほど用意しておきましょう。また、ライトの大きさはあまりかさばらない大きさのもので十分です。最近はLEDを光源としたハンディライトも多く販売されています。LEDは低電力なので単三電池でも長く点灯が可能な上に寿命も長く軽量ためオススメです。

 

・長期保存可能の水

 

2年の保存が出来るペットボトルの水を3本ほど常備しておきましょう。災害時の水は深刻な問題です。人間は水を飲まなくて生きていられるのは3〜4日の間だけです。健康でいられるのは2日ほどで、それ以降は筋肉の痙攣や精神が不安定になったりし始めて死に瀕する賞状が出始めます。逆に、水さえあれば食べ物を食べなくても2週間〜3週間は生き延びれます。水は飲用だけではなく、レトルト食品の調理やケガをした傷口の洗浄などにも使える為災害時に非常に役立ちます。水は命をつなぐものですから、必ず常備しておきましょう。

 

・踏み抜き防止インソールを入れた運動靴

 

災害がおきると、荒れた道やガレキの上や、水の中を歩くといったシュチュエーションになる場合がほとんどです。
何が落ちているか分からない場所を歩くのに通常の靴では危険です。とがったガレキやガラス片などを踏み抜いてケガをすると移動もままならなくなったり最悪死に直結する可能性もあります。また、徒歩で長距離移動する必要が有った場合、靴が歩行に適しているかどうかで疲労度がかなり変わってきます。ランニングシューズや、登山靴に踏み抜き防止インソールを入れましょう。

 

・頭を保護する為のずきんやヘルメット

 

災害時には建物が崩れやすくなっていたりして上からものが落ちてくる可能性があります。頭を打つと死に繋がるケガをする可能性があるのでなんとしても守る必要があります。携帯・保管しやすい防災ずきんか、ヘルメットを準備しておきましょう。

 

・雨具 カッパやポンチョなどの着るタイプ

 

外に居ざるを得ない状況や移動しなければならない状況の時に雨を凌ぐ方法が無ければ、雨に濡れてしまいます。雨に濡れると体温が急激に低下し、免疫低下や体力の低下により病気になる可能性が高くなります。体調を崩しても普段のように休めなかったり、病院にかかれない状況にもなりかねませんから、どんな状況でも雨を凌げる雨具を用意しておきましょう。

 

・作業用手袋

 

災害で破損した建物やガラス・陶器・木材などの破片を動かしたりする場面で素手で作業するととても危険です。
軍手では耐久性の面やとがったものや切れるものからの保護に少々不安があるので、作業用の手袋を購入しておきましょう。また、寒さから身を守るのにも使えます。ホームセンターなどでも業務用が安く販売されています。通気性重視のものより、耐水性や対汚性に優れたものを選びましょう。

 

・厚手の靴下

 

避難時に濡れてしまったソックスの変わりになるものを1足準備しておきましょう。どうしても足元は濡れてしまいやすいですので、1足予備があるといいですね。重ねて履けば、寒さを凌ぐのにも役立ちます。

 

・電池式携帯充電器

 

手回し式があるので一見不要にも思えますが、汎用性の高い単三電池で充電できる携帯充電機なら、電池を保管しておくケース代わりにもなるため一石二鳥なので1つ避難袋へ入れておくと便利です。手回し充電が故障した時の予備にもなります。サイズも小さいですし軽いのでかさ張らないので入れておきましょう。

 

・三角きんやハンカチなどの布

 

三角きんやハンカチのような布があると、ケガ人が出たときに止血や固定などに使えるだけでなく、粉塵が舞っている場所ではマスク代わりに使えます。その他にも、ものを包んでまとめたりアイマスク代わりに使ったりとアイデア次第で様々な事に利用が出来ます。

 

・除菌ウェットティッシュ

 

避難中には中々手を洗うこともままならない事が多いので、除菌が出来るタイプのウェットティッシュがあると手や顔をキレイに出来るので衛生的に食事を取ったりすることができます。あまり大きいとかさ張るし水分があるので重量があるため、小さめなものを2つ用意しておきましょう。

 

・ビニール袋

 

大きめのビニール袋を用意しましょう。ビニール袋は汚物処理や濡れたものの隔離などに使えるだけでなく、食料の一時保管、ゴミをまとめておくなど様々な用途に使えます。あまりかさ張るものでもないので袋準備しておきましょう。

 

・携帯トイレ

 

災害で住居にダメージがあった場合や、断水した場合にはトイレが使用不可になります。なので、仮設トイレが設置されるまでの間のトイレ問題を解決する為、携帯トイレを避難袋へ入れておきましょう。災害時のトイレの問題は命に関る事はありませんが重要な問題です。
非常食

 

現代の災害は、災害が起きたらすぐさま各地から救援物資がとどいたり自衛隊の救援が駆けつけるため何日間も食料を用意しておく必要がなくなりました。なので、本格的な食事用の食料よりも、カロリーを摂取して避難の為のエネルギー補給になるものが適しています。なので、保存が利いて・少量で高カロリー・水分が必要ない食品が向いています。「井村屋のえいようかん」という商品が5年の長期保存と60gで171キロカロリーという高カロリーを両立している上、エネルギーになりやすい糖質がメインの食料なのでオススメです。

 

・ミドリムシサプリメント

 

避難生活中でも、十分な栄養状態を維持するために宇宙食としても有利なミドリムシサプリメントを避難袋に入れて起きましょう。
宇宙食として注目されるミドリミシサプリメントは1年以上の使用期限が有るため保存性も高いです。なにより、宇宙食として注目されるミドリムシサプリメントに含まれる栄養素が非常に多い為、この宇宙食サプリメントさえあれば栄養不足での体調不良になる事はありません。災害にあったストレスと避難生活での慣れない生活に疲れがたまりやすくなるので、宇宙食としても注目の高いミドリムシサプリメントを飲んでビタミンをしっかり摂取して疲れを取り除ききましょう。災害時の栄養問題は宇宙食としても注目されるミドリムシだけで解決できます。
災害時で生き残れたに、その後の生活で身体を壊しては元も小もありません。ミドリムシサプリメントで避難生活中の健康管理も万全にしましょう。
厳しい状況でも宇宙食として利用されるぐらいのミドリムシがあれば頼もしいですよね?

 

避難袋に入れておくべきミドリムシサプリメントは???

 

避難袋にぴったりなミドリムシサプリメントはミドリムシナチュラルリッチです。

 

ミドリムシナチュラルリッチが避難袋に丁度いい理由は

 

・パッケージがボトルではなく袋だから避難袋に入れても場所をとらない

 

・小粒で柔らかい錠剤なので、水が無くても噛み砕いて摂取が出来る

 

という2つの理由が有るからです。

 

ミドリムシナチュラルリッチには、避難生活中のストレスで弱くなりがちな腸の健康を助ける有胞子性乳酸菌とガラクトオリゴ糖が含まれています。

 

豊富な栄養で身体の機能の維持を助けるだけでなく、腸に効果的な成分がふくまれているんです。腸の調子がよくなると、少ない食事でもより多くの栄養素が吸収できるようになりますから、健康維持に非常に役立ちます。

 

ミドリムシサプリメントは、59種類のビタミン・ミネラル・アミノ酸・不飽和脂肪酸などの栄養素が含まれています。

 

これだけ豊富な栄養素が含まれているサプリメントはミドリムシサプリメントだけです。

 

ミドリムシサプリメント1gで栄養失調に苦しむ途上国の子供を救えると称されるほどの栄養成分で、災害にあった時に健康をサポートしてくれます。

 

 


TOPページ 口コミ ミドリムシの基礎知識 どんな効果がある? ランキング