ミドリムシのパラミロンはアレルギーを抑制してくれる

鳥取大学農学部のマウスを用いた実験により、パラミロンがアトピー性皮膚炎の発症阻害が確認されました。
どのような実験を行ったかというと、ユーグレナ・グラシリス(ミドリムシ)から、パラミロンを分離して、マウスに経口摂取させてアトピー性皮膚炎によって皮膚が病変するかどうか、血液などを測定し総Ige値などを調べるという実験です。その結果パラミロンを摂取したマウスは過剰な数値だったIge値が適正な数値に減少し、皮膚病変の発達が阻害されました。
この実験により、パラミロンを摂取すると、アトピー性皮膚炎の改善になったというデータをとる事ができました。
ですが、この実験はマウスにおけるものだったので、人体において同じかどうかは示されていませんでした。

 

潟ーグレナ社は2016年4月8日にパラミロンを8週間継続して摂取する事で、免疫バランスが保たれるという研究結果の特許を出願しました。

 

パラミロンを10人の人に8週間継続して摂取して摂取後と摂取前の血液を検査した結果、細胞性免疫系サイトカインの増加と液性免疫系サイトカインの減少が確認されました。

 

細胞性免疫とは、ウイルスに感染した細胞やがん細胞を排除する細胞主体の免疫反応で、液性免疫は血液中の抗体が主体となって体内に侵入してきたウイルスや細菌を排除する免疫反応の事です。

 

細胞性免疫が高まると、がん予防になったり、感染初期の防御力が高まります。ですが、過剰になると、自己免疫性疾患を引き起こす原因となります。液体性免疫が高まると、ウイルスや細菌を排除する抗体の産生機能が増す。しかし、液体生免疫が過剰になるとアレルギー反応をして誘発します。

 

正しい、免疫機能を保つには細胞性免疫と液体性免疫のバランスが大切です。
アレルギーは、液体免疫が過剰になると起こるといわれています。

 

人がパラミロンを経口摂取しても、液性免疫が減少し、免疫が調整されることが実験によって分かったため、マウスで行ったアトピー改善の実験も人に当てはまるということがわかりました。

 

この結果を現在特許出願していて、将来的にはパラミロンを利用したアレルギー改善薬が開発される可能性があります。

 

現在、パラミロンを摂取するには、ユーグレナサプリメントを使う以外の方法はないので、パラミロンを摂取するならユーグレナサプリメントを使いましょう。

 

 

カテゴリ一覧

ユーグレナサプリメント商品別詳細

潟ーグレナ社

 

ユーグレナサプリメント別の詳細情報が

知りたいならココをクリック!

ユーグレナを生産している潟ーグレナ社の事が

知りたいならココをクリック!

ミドリムシサプリメントの役立つ知識

 

ミドリムシ(ユーグレナ)

ミドリムシサプリメントのことをもっと

知るならココをクリック!

ミドリムシの生態や特徴が

知りたいならココをクリック!

ミドリムシで予防しよう

色々なユーグレナランキング

ミドリムシで予防できる事が

知りたいならココをクリック!

色々な観点からのランキングが

見たいならココをクリック!


TOPページ 口コミ ミドリムシの基礎知識 どんな効果がある? ランキング